30代の仕事の行き詰まりの原因と解決方法は?転職すべきかについても!

この頃、仕事のやりがいを感じられなくなってきた。

30代のキャリアの壁にぶつかっている人も多いのではないだろうか。

問題を見つめ直し、対処法を見つけないと、将来が不安だね。

何か対策を講じないと、後悔することになるかもしれません。

そこで、今回は仕事に行き詰まりを感じる30代へ送る、原因と解決する方法をご紹介します!

この記事で分かること!
  • 仕事の行き詰まりの原因と解決方法
目次

30代の仕事の行き詰まりの原因

まずは30代の仕事の行き詰まりの原因を把握することが大切です。

下記のいずれかに当てはまると思います。

  • 自己成長できる未来が見えない
  • 現在の職場で出世したいと思えない
  • 会社に評価されない

それぞれ見てみましょう。

自己成長できる未来が見えない

自己成長できる未来が見えないとこのままで良いのかと不安になり、モチベーションが上らず、仕事の行き詰まりを感じます。

現在の職場で出世したいと思えない

待遇面や仕事内容の面で現在の職場で出世したいと思えない方もいらっしゃることでしょう。

例えば、自分の上司もしくは別の部署の方でも良いですが、目指すべき人がいないという方ですね。

その場合はモチベーションの維持できず、仕事の行き詰まりを感じることでしょう。

会社に評価されない

頑張っているのに会社に評価されないというパターンです。

その場合はモチベーションの維持は難しく、仕事に行き詰まりを感じるのは当然です。

30代の仕事の行き詰まりを解決する方法

30代の仕事の行き詰まりの原因が分かったところで、解決する方法を見ていきます。

解決する方法は下記の3ステップです。

STEP
経歴の棚卸(たなおろし)

「経歴の棚卸(たなおろし)」では自分の現在地(can)を把握します。

現在地を把握しないと、目標(will)に対するギャップが見えないので、どう手を打って良いかわかりません。

なので必ずやりましょう。

STEP
目標設定

「目標設定」は自分の目標を明確にする作業になります。

例えば、目標設定に関するパラメーターは年収、将来的にやりたい仕事の内容、勤務時間や勤務場所といったライフスタイル(必ず定時で帰りたい、在宅で仕事をしたい等々)などになります。

目標が明確になれば、それを今の職場で実現できるのか、部署異動が必要なのか、はたまた転職しなければならないのかなど具体的な実行内容を検討できるようになります。

STEP
実行(転職しない方法・転職)

「実行(転職しない方法・転職)」に関してはその言葉の通りで、転職しない方法と、転職という方法があります。

転職が少しでも視野に入っている方は、転職する・しないは置いておいて、転職活動はやった方良いです。

理由としては、転職活動をすることで自分の将来を考える視野が格段に広がるためです。

あわせて読みたい
転職の進め方は?やるべきこと(やることリスト)を分かりやすくご説明 転職を考えているけど「何から始めていいのか分からない」という方も多いのではないでしょうか? 転職活動はいきなり転職サービスに登録してスタートすると迷走する可能...

それではそれぞれのステップで具体的にやるべきことをご説明します。

1.経歴の棚卸(たなおろし)

経歴の棚卸とは、自分がこれまでに何をやってきて、どういったスキルを身に付けたかの整理をする作業になります。

これをやることで、自分の現在地、つまり、今の自分にできること(can)は何かを把握することができます。

現在地を把握することで目標とのギャップを明確化でき、実現の道筋を考えることができるようになります。

難しく考える必要はなく「あの時はこんなことをやったな」とこれまで自分がやってきた主な仕事をつらつらと書き出していっていただければと思います。

自分の頭の整理に使うものですので、体裁にこだわる必要は一切ありません。

書き出すポイントしては「いつ」「どういう状況で」「どういった課題があって」「どのように対応したか」「結果はどうで」「どういったスキルを得たか」を書くと良いでしょう。

下記にテンプレと記載例を紹介しますので参考に作ってみて下さい。(エクセルでもノートでも何でもOKです。)

スクロールできます
いつ部署状況・背景課題対応結果得たスキル
2014年6月~12月設計設計経験が浅い中、エンジンの排気管の振動問題の対応を任された。振動問題の対応経験が少なく、十分なスキルが無かったため、一から調べるか有識者に聞く必要があった。相談はあまりせずに、自分の知っている一般的な振動解析手法である固有値解析を実施、解析結果を基に改善案を作成した。しかしながら振動は収まらず、有識者の助言をもらいなが対応した。自力だけでは改善できなかったが、有識者の力を借りることで改善できた。下記の学びを得た。
・自分の分からない領域は早めに有識者の見解を得た方が手戻りが少ない。
・固有値解析は簡易的に実施できる便利な手法だが、複雑な振動形態ではうまく行かないケースがあることを理解。詳細の解析をすることがベターだが、難しい場合は一案で解決できると思わず、スケジュールに余裕を持ち、可能な限りバックアップ案を準備すべき。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
例)経歴の棚卸

30分でも良いので時間を作って、スタバや喫茶店でコーヒーを飲みながらのんびりやってみて下さい。

この経歴の棚卸の作業はキャリアコンサルタントのプロも年一回くらいはやったほうが良いと推奨しているものです。

自分の将来を考える上では大切な作業ですのでやっておきましょう。

2.目標設定

現在地(can)を把握したら、次は目標設定(will)です。

目標設定とは自分がどうなりたいかの目標の設定となります。

先ほども触れましたが、目標設定のパラメーターは例えば下記になります。

  • 年収
  • ライフスタイル(勤務時間、在宅等)
  • 勤務地
  • 仕事内容

これらのパラメーター参考に目標設定を行いましょう。

イメージできないという方もいらっしゃると思いますので、目標設定の具体例をご紹介します。

例えば下記です。

目標設定の例
  • 月収は50万円以上
  • 本業は定時で帰る

主な手段としては今の職場で実現するのであれば出世や部署異動になります。

そして、今の職場では無理ということであれば転職になります。

ただ、現時点の自分のスキルでは転職をしても実現できない場合も多いです。

ではあきらめるしかないのか?という話になりますが、そうではありません。

勘違いしてはいけないのは、今すぐに目標に辿り着く必要はないということです。

ではどうするかと言うと、具体的には目標に辿り着くためのスキルを磨くという方法があります。

具体案は下記です。

  • 本業は副業とシナジーがあり、かつ定時で帰れるものに転職(デジタルマーケター等)
  • 副業で稼ぐスキルを身に付ける(デジタルマーケティングのスクールでスキルを獲得する)
  • 本業と副業の組み合わせで月収50万円を稼ぐ

この案は十分現実的なものです。

本業とシナジーを生みやすい副業を含め、副業に関しては下記の記事で網羅的にご紹介しておりますので興味のある方はご覧ください。

あわせて読みたい
初心者におすすめの副業は?スマホや在宅でできるデータ入力についても 副業を始めたいけど初心者におすすめは? スマホや在宅でできるものはあるの? 副業を始めたいけど、何かおすすめか知りたいという方もいらっしゃることでしょう。 今回...

このように、現在地を把握し目標設定をすることで、具体的なアクション(実行)に移すことができます。

3.実行(転職しない方法・転職)

現在地と目標が決まればあとは実行です。

実行に関しては転職しない方法と転職の2パターンありますので、それぞれご紹介します。

転職しない方法

転職せずともどうにかなりそうという方は「職場での評価を高める」「モチベーションの維持」が主な施策になります。

具体的に見ていきましょう。

■職場での評価を高める施策

転職しないのであれば、出世や給料アップが仕事のモチベーションになりますので、職場での評価を高めることが最重要と言っても過言ではありません。

具体策をご紹介しますので、出来ていない方は是非実践してみてください。

評価につながるスキルを磨く

会社に評価されるには、任せられた仕事をこなすのはもちろんですが、+αのスキルを身に付けることが望ましいです。

では具体的にはどういったスキルを身に付けたら良いかというと「自分の目標を達成するために必要かどうか」「会社の利益に資するものか」「獲得することで給料に反映されるか」という視点で選ぶと良いでしょう。

例えば、目標が出世して給料を増やすこととしましょう。

そして、あなたの職場で海外とのやり取りが増えてきて、英語での対応が増えてきましたが、職場で英語を話せる人が少ないという状況であれば、あなたが英会話でスキルを身に付ければ評価は上がり、出世に一歩近づくでしょう。

そういった形で、しっかりと目的を持ってスキルを磨くことが大切です。

また、会社によってはスキル(資格)を持っていることで手当てという形で給料に反映されるものがある場合もあります。

こういった資格の手当は目先の給料アップには有効かもしれませんが、長期的な目線では「自分の目標を達成するために必要かどうか」「会社の利益に資するものか」という視点でスキルを磨いた方が、会社からの評価は高まる可能性が高いです。

目先の利益に囚われ過ぎず、是非長期的な視点を持って取り組んでいただければと思います。

□評価をアピールする

与えられた仕事をこなすことはもちろん大事ですが、評価されるためにはやったことをしっかりと伝えることも重要です。(半分冗談ですが、仕事をやることよりも大事という人がいるくらいです。)

会社によって評価システムは異なりますが、評価のための実績を記載する書類(ここでは評価シートと呼びます)は、誰が見ても分かるように書くべきです。

理由としては評価シートは直属の上司だけでなく、その上の方や人事の方等も見るためです。

直属の上司以外はあなたの仕事ぶりを見ているわけではないので、主に評価シートを見て評価するしかありません。

なので、評価シートに書かれていること以外は評価されないくらいの意識で書くと良いでしょう。

書くポイントは下記の2つです。

  • 自分の役割と実績がつながる記載になっているか
  • 定量的(数字)かどうか

さらに、上司と面談などで実績の説明ができる機会があれば、自分の頑張りを数字も絡めながらアピールすると良いでしょう。

評価書類だけでは伝わっていないことも多々ありますので、特に頑張ったところに関してはしっかりと口頭で伝えることで、補足することができます。

□年初に設定した業務内容と進捗の振り返り

突発業務等、目先の仕事に追われると、評価基準として重視される年初に設定した業務がおろそかになるケースが多いです。

これを防ぐために、月に1回など定期的に年初に設定した業務内容は何だったかの確認と、どれくらい進められているかの進捗確認等、いわゆる振り返りをすると良いでしょう。

年初に設定していない突発業務は誰かがやる必要がありますが、それをやったとしても実績として残りにくいため、評価されにくいです。

なので、突発業務はこなしつつも、年初に設定した業務をやる時間はしっかりと確保して、着実に進めるようにしましょう。

出来ていない方も多いですが、これができると評価が高まる可能性が高いです。

アウトプットの定量化

アウトプットは定量化しないと評価しにくいため、高い評価を得ることは難しいです

「売上〇〇パーセントアップ」「工数●●パーセント削減」等、アウトプットの定量化を意識しましょう。

■モチベーション維持のための施策

会社からの評価を高める施策が重要なのは言うまでもありませんが、仕事のパフォーマンスを上げるためにはモチベーションの維持が重要です。

ここではモチベーションを維持するための施策をご紹介します。

□社内外の交流を活発に行う

活動範囲が限られていると、視野が狭くなり、生活全体がマンネリ化してしまい、モチベーションの低下を招きます。

一方、様々な人達と交流すると、視野が広まり、マンネリ化も防ぐことができます。

社内での交流に関して、親睦を深めることも時には大事ですが、できれば自分の目標となるエースと思われる方と交流する機会を持つと良いでしょう。

その人が何を考えて仕事をしているかを知ることで、自分の成長に役立つことが多いです。

一方、より価値観を広げるには社内だけでなく、社外の人と交流する機会を持つのがおすすめです。

具体的な事例は下記になります。

  • 業界イベント(セミナー・展示会等)
  • 異業種交流会の参加
  • x(旧ツイッター)等のsnsによる交流
  • 学生時代の友人と連絡を取る

業界イベントはイメージしやすいと思いますが、その業界のプロである企業の方や大学の教授によるセミナーなどがあります。展示会等も同様です。懇親会付きのようなものがあれば、そちらに参加すると面白い話が聞けることも多いでしょう。

続いて異業種交流会ですが、異業種交流会とは「違う業種の人が集まり、親睦や交流を深めたり、情報交換をしたりする会」のことです。

違う業界の方の話を聞くことで、同僚からは聞けないような新鮮な話を聞けるため、視野が広がります。

異業種交流会は例えばこくちーずなどで募集がありますので、興味のある方は参加してみましょう。

snsに関しては、例えばx(旧ツイッター)で自分の興味のある方をフォローすることで、職場では出会えないような価値観の人と交流でき、様々な情報を入手することができます。また、場所を選ばずに気軽にオンラインでアプローチできるのも大きなメリットと言えます。

学生時代の友人と話すというのも新鮮で良いでしょう。

当てのある方はコンタクトを取ってみてみるというのも手です。

□リフレッシュの時間を持つ

モチベーションの維持にはリフレッシュも大切です。

人それぞれ嗜好があると思いますが、下記におすすめをご紹介します。

  • マッサージ
  • カフェでゆっくり過ごす
  • 散歩
  • 体を動かす(ジム等)
  • 瞑想

ポイントは「あまり目を使わない」「ゆっくりと時間を過ごす(空白の時間を作る)」です。

ゲームやアニメ・ドラマ等の動画の視聴等は目を酷使し目の疲れを招くため、リフレッシュという観点ではあまりおすすめしません。

ついついゲームのやり過ぎや動画の見過ぎて、かえって疲れてしまったという経験がある方も多いのではないでしょうか?

もちろん趣味として楽しむ分には良いと思います。

それはそれでリフレッシュとは別枠で時間を確保しましょう。

隙間時間や休日の多くをスマホをいじって過ごしてしまう方も多いと思いますが、スマホから離れて、空白の時間を持つと頭が整理されます。

是非実践してみてください。

転職

現在の会社では目標を果たせそうにないという場合は転職を考えましょう。

転職活動は転職する・しないに関わらず、自分の将来を考える視野を広げるためにもやっておいて損はないです。

ただし、やみくもに進めてはうまくいきません。

事前準備(既にご説明した「経歴の棚卸」及び「目標設定」)と自分に合ったサービスを選ぶことが大切です。

それらを含め、転職活動の具体的な進め方については下記に分かりやすくまとめておりますので、転職を前向きに考えている方は是非ご覧ください。

あわせて読みたい
転職の進め方は?やるべきこと(やることリスト)を分かりやすくご説明 転職を考えているけど「何から始めていいのか分からない」という方も多いのではないでしょうか? 転職活動はいきなり転職サービスに登録してスタートすると迷走する可能...

転職サービスに登録すると、キャリアコンサルタントと相談することができ、あなたの現在地(can)と目標設定(will)から、実現するための道筋を一緒に考えてくれます。

自分だけで悩まずにプロの力を借りて、目標の実現を加速させましょう。

まとめ

最後にまとめです!

この記事のポイント!
  • 30代の仕事の行き詰まりの原因「自己成長できる未来が見えない」「現在の職場で出世したいと思えない」「会社に評価されない」
  • 解消法は「経歴の棚卸」「目標設定」「実行(転職しない方法・転職)」の3ステップ
  • 特別な事情が無い限りは自分の将来を考える視野を広げるために転職活動をやることがおすすめ

これで進む道が見えたね!

現状を変えるために一歩踏み出しましょう。

あわせて読みたい
転職の進め方は?やるべきこと(やることリスト)を分かりやすくご説明 転職を考えているけど「何から始めていいのか分からない」という方も多いのではないでしょうか? 転職活動はいきなり転職サービスに登録してスタートすると迷走する可能...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次