初心者におすすめの副業は?スマホや在宅でできるデータ入力についても

副業を始めたいけど初心者におすすめは?

スマホや在宅でできるものはあるの?

副業を始めたいけど、何かおすすめか知りたいという方もいらっしゃることでしょう。

今回は初心者でスキルが無くても始められるおすすめの副業をご紹介します。

また、スマホや在宅でできるものについてもご紹介します。

本記事をご覧いただければ、あなたのやりたい副業がきっと見つかります。

それではご覧ください。

目次

初心者・スキル無しでもできる副業の早見表

まずは初心者でスキルが無くてもできる副業の特徴が一目で分かる早見表を示します。

スクロールできます
副業の種類おすすめ度費用(リスク)稼ぐ難易度稼げる金額の上限スマホ在宅
デジタルマーケティング
ライター
投資
オンラインアンケート回答
データ入力
アプリテスター
動画視聴とレビュー
ポイ活動
ブログ極難特大
SNS極難特大
youtube極難特大
物販極難

早見表は下記の観点で、私の実体験や調査結果を基にまとめております。

  • 費用(リスク):費用の大きさや投資回収できないリスクの大きさ
  • 稼ぐ難易度:低=簡単、中=普通、難=難しい、極難=きわめて難しく、稼げる人は一握り
  • 稼げる金額の上限:低=数千円/月、中=数千円~数万円程度/月、大=数万円~数十万円/月程度、特大=青天井
  • スマホ:スマホで完結するか
  • 在宅:在宅で完結するか
  • おすすめ度:「費用(リスク)」「稼ぐ難易度」「稼げる金額の上限」などを総合的に見ておすすめかどうか判断しております。◎が超おすすめ、〇はそこそこおすすめ、△あまりおすすめしない(原資回収できないリスクや稼げない可能性が高い)

初心者に超おすすめの副業3選

初心者でスキルが無い方に非常におすすめできる副業を3つご紹介します。

何からやって良いか迷っている方は是非チャレンジしてみて下さい。

デジタルマーケティング

デジタルマーケティングは初心者に最もおすすめできる副業です。

まずはデジタルマーケティングがどういったものかご説明します。

デジタルマーケティングとは、商品やサービスを検索画面やSNS、webページなどのオンラインで宣伝し、顧客に購入してもらうよう施策をする仕事になります。

施策は多岐に渡りますが、例えば、分かりやすいのがグーグルの検索結果やfacebook等に広告を出すというものです。

他にも商品やサービスを販売するホームページを改良し、ホームページ訪問者の購入率を上げるというのもデジタルマーケティングの施策の1つです。

デジタルマーケティングをするには一定のスキルが必要なため、仕事の時間単価は高めになっております。

つまり、大きく稼ぎやすいということです。

「スキルが必要」ということで、初心者では難しいのではないか?と感じた方はご安心下さい。

デジタルマーケティングは一定のスキルが必要ではあるものの、そのスキルは完全未経験でもわずか数か月オンラインスクールに通うだけで身に付けることができます。

これほどすぐに身に付いて時間単価の高い仕事を請けられるスキルはほとんど無いので、最もおすすめとして紹介しております。

未経験でもできる仕事は確かに色々あるのですが(アプリテスターやデータ入力等々)、そういった誰でもできる仕事は時間単価低く、大きく稼ぐことができません。

また、限られた貴重な時間を、単価の低い仕事に充てるのはもったいないと思いませんか?

そうであれば、少しだけお金と時間をかけスキルを身に付けて、単価の高い仕事をした方が有意義と考えます。

なので、完全未経験からちょっと抜け出して大きく稼ぎたいという方は、是非デジタルマーケティングの副業をやってみましょう。(余談ですが、デジタルマーケティングのスキルは副業だけでなく、デジタルマーケティング業界への転職にも使えますので、転職が視野に入っている方にもおすすめのスキルです。)

デジタルマーケティングのスキルを学べるスクールはいくつかありますが(ワナビーアカデミー、マケキャン、デジプロなど)、ワナビーアカデミーが圧倒的におすすめです。

理由は色々ありますが、大きいところが「豊富な実績」「実務経験(クライアントワーク)をしっかり積める」「副業サポートの手厚い」という点です。

気になる方は下記より無料の説明会に申し込めますので、是非話を聞いてみましょう。

ワナビーアカデミーの公式サイト

きっと満足いただけることでしょう。

投資

投資はご承知の通り、自分が全く働かなくても稼げる可能性のある究極の不労所得を得る方法です。

イメージしやすいのが株です。

株は保有することで配当を受け取ることや安く買って高く売りその差額を得る方法(キャピタルアゲイン)で稼ぎます。

ご承知の通り、投資はかならず稼げるとは限りませんが、投資している人には不労所得を得られる可能性があり、投資していない人にはその可能性はゼロです。

投資は特にスキルが無くても簡単に始められ、かつ、何と言っても不労所得を得られる可能性があるというのが大きな魅力です。

投資の種類は「株式」「投資信託」「仮想通貨」「クラウドファンディング(投資型)」「不動産」などが挙げられますが、私がお勧めするのは「投資信託」と「仮想通貨」です。

理由としては少額から始められて、私自身が利益を上げているからです。

興味のある方はまずは少額から始めてみると良いでしょう。(思い立っていきなり多くの投資をするのは私の中ではご法度ですので、控えていただければと思います。)

下記の記事に私がどのように利益を上げたか分かりやすくまとめましたので、ご興味のある方はご覧ください。

NFTゲーム攻略

ライター

ライターとはクライアントからお題を受け、記事を作成する仕事です。

具体的な作業としてはネットリサーチをして記事を書くという作業になります。

ライターも特にスキルが無くても始められます。

また、需要もあるため、案件も容易に獲得できます。

具体的にはクラウドワークスという業務委託のマッチングサイトで仕事を請けることができます。

興味のある方はクラウドワークスに登録して、短期の仕事を請けてみると良いでしょう。

デメリットとしては、何のスキルも無く始められる分、先ほどご紹介したデジタルマーケティングの仕事に比べると単価がかなり安い点です。

月に数万円~数十万円など大きく稼ぎたい方は、簡単に始められるライターではなく、デジタルマーケティングをおすすめします。

初心者でもできる副業

続いて、おすすめというほどではないですが、スキルの無い初心者でもできる副業をご紹介します。

オンラインアンケート

その名の通り、簡単なアンケートに答えて収益を得る方法です。

案件はクラウドワークスモッピーなどのポイントサイトにあります。

スキルが全く必要ない単純作業であることは魅力ですが、その分単価は極めて安いです。(1件数円とかです。)

データ入力

画像などを見てデータを入力するという単純作業です。

こちらもスキルが不要な単純作業ですが、その分単価は極めて安いです。

案件はクラウドワークス等にあります。

アプリテスター

アプリのテストをして、簡単なフィードバックをすることで報酬を得ます。

例えば、新作ゲームのテストプレーをして、プレーした結果をスクショで送るという作業の案件がありました。

こういった案件はクラウドワークス等で獲得可能です。

アプリテスターもスキルが不要で誰でもできるのが魅力ですが、報酬は極めて少ないです。

動画視聴とレビュー

動画を見て、感想を書くことで報酬を得るというものです。

こういった案件はクラウドワークス等にあります。

こちらもスキルが不要な単純作業のため報酬は極めて少ないです。

ポイ活

ポイ活とはポイントサイト(モッピーポイントインカム等)でポイントを稼いで現金化するというものです。

具体的にはポイントサイトに登録して「アプリのダウンロード」「広告視聴」「サービス登録」「アンケート回答」「ゲームプレー」などによりポイントを稼ぎます。

そして稼いだポイントは現金に換えます。

ポイ活も単純作業のため、高い報酬は望めません。

ブログ

ブログには色々な稼ぎ方がありますが、最も一般的な稼ぎ方は広告収入です。

具体例として、アフィリエイトで稼ぐ方法があります。

アフィリエイトとは成果報酬型広告とも言われ、顧客が商品購入やサービス登録などの条件を満たした場合に報酬を受け取ることができる広告のことを言います。

稼ぎ方としては商品やサービスをアピールする記事を書い、て広告(アフィリエイト)を貼るというものです。

また、クリックだけ報酬が発生するクリック広告もあります。(Googleアドセンス等)

稼げる金額は青天井という魅力がありますが、競合が非常に多く、稼ぐ難易度は極めて高いです。

例えば、1年以上一生懸命やってもほとんど収益が無いという方も多いという世界です。

また、ブログは無料サーバーでも作れますが、無料サーバーはいつ記事を消されるか分からないため、実質は有料のサーバー契約が推奨です(ブログで稼いでいる人の大部分が有料サーバーです)。

サーバーには少額ですが維持費がかかります。(サービスによりますが大体月千数百円程度)

また、アフィリエイトやクリック広告を貼るにも広告主の審査が必要で、その審査の通過もそれほど簡単ではないです。

このように労力に見合った報酬が得られないリスクが高いため、個人的にはあまりおすすめしません。

SNS(youtubeを除く)

SNSはたとえばX(旧ツイッター)やインスタといったものです。

SNSも色々な稼ぎ方がありますが、ブログによく似ており、一般的な稼ぎ方は広告収入です。

具体的にはブログと同じくアフィリエイト等があります。

こちらもブログと同様に広告を貼るには審査が必要です。

また、収益化もブログと同様に非常に難易度が高いため、労力に見合った報酬が得られないリスクが極めて高いと言えます。

よって、SNSも個人的にはおすすめしません。

youtube

youtubeはパートナープログラムというプログラムに参加することで、再生回数に応じた報酬を得ることができます。

このパートナープログラムに参加するにはチャンネル登録者数1000人以上などの条件を満たし、審査を受け、合格する必要があります。

この条件の中で、チャンネル登録者数1000人というのがかなりハードルが高く、多くの方が挫折してやめてしまいます。

また、パートナープログラムに参加しても、多くの再生回数が必要です。

私が過去にやったyoutubeチャンネルは1再生当たり0.3円でした。

つまり、数万円以上稼ごうと思うと、数十万再生が必要という計算ですね。

想像するのは難しいかもしれませんが、これは極めて難しいです。

また、youtubeのジャンルは多岐に渡り、自分で音声を入れる場合は、専用のマイクがあった方が良い場合もありますし、機械音声が必要であれば、精度の良い機械音声に関しては有料となっております。(私も有料の機械音声を購入しました。)

つまり、多少の初期投資は必要になると考えておいた方が良いでしょう。

このように、youtubeに関しても労力や費用の割に稼げないリスクが高いため、個人的にはおすすめしません。

物販

物販は安く仕入れて高く売ることで収益を上げる方法です。

いわゆるせどりですね。 

具体的には付加価値の高い限定品を店舗で直接購入したり、卸売りサイト(SUPER DELIVERY(スーパーデリバリー)など)で仕入れて、amazonやメルカリを通して売ります。

卸売りサイトや販売サービスは初期費用や月額などの固定費無しで利用できます。

そういった意味では在庫のリスクしかないため、ちょっとだけやってみようというレベルであれば、それほどリスクは高くないと言えます。

しかしながら、大きく稼ごうと思うと多くの受注に対応する必要があるため(納期が遅いと顧客満足度が下がるため)、在庫を持つ必要が出てきます。

そうなると、在庫の売れ残りのリスクが発生します。

競合もいますし、思ったよりも売れない可能性は十分あります。

よって、物販は大きく稼ごうと思うとリスクの高い稼ぎ方と言えます。

初心者でも始められるのは事実ですが、リスクの高さから個人的にはおすすめしません。

スマホでできる副業

スマホでできる副業は以下の通りです。

稼ぎ方は既にご説明済のため割愛します。

  • 投資
    口座開設から売買まで全てスマホからのブラウザやアプリで完結します。
  • オンラインアンケートの回答
  • アプリテスター
  • 動画視聴とレビュー
    「オンラインアンケート回答」「アプリテスター」「動画視聴とレビュー」はクラウドワークス等の仕事の受注から提出も含め、全てスマホで完結します。
  • ポイ活
    ポイントサイトやアプリは登録から作業、現金化まで全てスマホで完結します。

在宅でできる副業

在宅でできる副業は以下の通りです。

こちらも稼ぎ方はご説明済のため省略します。

  • デジタルマーケティング
  • ライター
  • 投資
  • オンラインアンケート回答
  • データ入力
  • アプリテスター
  • 動画視聴とレビュー
  • ポイ活
  • ブログ
  • SNS
  • youtube

上記はいずれもスマホやパソコンでの作業が中心のため、在宅で完結します。
youtubeに関しては在宅では難しそうと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、アニメやドラマなどの解説動画であれば自宅で完結します。

趣味やスキルを活かせる副業

趣味やスキルを活かせる副業は誰でもできるデータ入力やアプリテスターよりは時間単価が高い報酬を得られます。

趣味やスキルを活かして副業をやりたいという方は参考にしてみて下さい。

動画編集

クライアントから依頼を受け、動画編集ソフトを使って動画の編集を行い報酬を得るという方法です。

例えばyoutubeチャンネルやtiktokの運営者から指定の動画編集の依頼を受けるという案件があります。

案件はクラウドワークスなどで獲得できます。

ブログ

ブログは基本的におすすめしませんが、趣味でも他人に評価されるレベルの方や秀でたスキルを持っている方であれば、初心者に比べると少しだけ有利です。

例えば趣味であれば、ヨガをかなりやりこんでいるとしましょう。

すると、ヨガに関してかなり詳しいことが書けるので、ヨガをやったことが無い方や初心者よりは専門性の高いブログを作れます。

専門性が高いブログは評価を受け、一定のアクセスを得られる可能性があります。

そこにアフィリエイトでおすすめのヨガ教室(ホットヨガlava等)を紹介して報酬を得るというわけです。

一方、スキルの例としては、プログラミングが得意な方はどういった方法でプログラミングスキルを身に付けるのが効率的か等が書けると思います。

そして、アフィリエイトでおすすめの通信教育などを紹介して、収益化を狙うという方法です。

一見できそうと思うかもしれませんが、調べたら分かりますが、そういったことは既にやっているブロガーも多く、サービスの公式サイトも含めて競合が非常に多いため、簡単ではありません。

SNS

SNSもブログと同じです。

何かしら特化した趣味やスキルを活かした情報発信をして、アフィリエイトなどに誘導し、収益を上げます。

初心者よりは有利に立ち回れますが、ブログと同様に難易度が高いことに変わりはありません。

youtube

youtubeもブログやSNSと同じです。

特化した趣味やスキルがあれば、それを活かすと、初心者よりは有利ではあります。

youtuebは動画ですので、動画映えする趣味だとより成功率は一応高まると言えます。

例えば動物を飼っていて、かわいい仕草などを色々撮れる方なら割とチャンスはあると思います。

ただ、一見成功しそうなキャンプ動画をやっているチャンネルを見かけましたが、こだわった動画にも関わらず、うまくいっておりませんでした。つまり、それほど簡単ではないということです。

一方、スキルに関しては、動画編集の作業方法などを動画化することで分かりやすくなるような動画は一定の需要はあるでしょう。

しかしながら、需要の多いところには強い競合がいますので、楽に稼げるような分野はほとんど無いという理解で良いでしょう。

つまり、youtubeはたとえ特化した趣味やスキルがあったとしても、労力に見合った報酬が得られないリスクが高いことに変わりはないと言えます。

グラフィックデザイナー・イラストレイター

グラフィックデザイナーとイラストレイターとしての副業は仕事を請ける方法と自分で販売する方法があります。

まず、仕事を請ける方法としては、基本的なデザインスキルがあれば、イラストやロゴ、バナーなどのデザインの仕事を請けて報酬を得ることができます。

案件はクラウドワークス等にあります。

一方で、自分で販売する方法は、例えば、lineスタンプメーカーを通してlineスタンプとしての販売やpixtaなどのイラスト販売サイトにアップロードして販売するといった方法があります。

請ける仕事はこなせば報酬がもらえますが、自分で売る場合は全く売れずに収益が全く上がらない可能性も十分あります。

オンライン講師

自分の得意な分野(スキル)でオンライン講座を実施し、報酬を得るという方法です。

需要のある分野は例えば「プログラミング」「webデザイン」「語学(英語、中国語、韓国語等々)」「動画編集」「グラフィックデザイン・イラストレーター」「AI」などなどです。

これらのスキルを仕事などを通して得ている方は講師として稼げる可能性があります。

稼ぐ方法としては、仕事を請ける方法と自分で開講するという方法があります。

オンライン講師の案件はクラウドワークスなどにあります。

一方、自分で開講する方法としては、ストリートアカデミーココナラといった自分でサービスを持てる場所を提供しているサービスがありますので、そこに登録して、自分で費用設定をして、開講しましょう。

非常に簡単にできますし、固定費も一切かかりません。

しかしながら、仕事を請ける場合と違って、全く受講者が現れない可能性も十分あるでしょう。

格安で設定にすることや、知り合いに受講してもらい実績を積み上げていくなどの戦略が必要になってくるでしょう。

webデザイン

webデザインに関しては、LP(ランディングページ)やホームページを作成するスキルがあれば、需要があるため、仕事を請けて稼ぐことが可能です。

案件はクラウドワークスなどにあります。

写真販売

趣味などで撮影した写真をフォトサイトにアップロードして稼ぐという方法があります。

報酬のタイプとしては、大きくはダウンロード数に応じた報酬のタイプ(写真acなど)と値段を付けて販売するタイプ(pixtaなど)があります。

ほとんどのサービスは固定費がかからずに利用できます(写真ACpixtaも固定費不要)。

しかしながら競合が非常に多いため、写真をアップロードしても全くダウンロードされない・購入されない可能性は大いにあると言えます。

アプリ開発

基本的なプログラミングスキルがあれば、スマホアプリなどの開発をサポートすることや実際に作ることで収入を得ることが可能です。

稼ぎ方はクライアントからのアプリ開発のサポートの仕事を請けるのと自分でアプリを作るので異なります。

まずクライアントからのアプリ開発のサポートの仕事はクラウドワークスなどに案件があります。

案件の特徴としては、副業レベルではなく、本業レベルの依頼が多いです。

よって副業として対応できる案件かしっかり見極める必要がありそうです。

一方、自分でアプリを作る場合の稼ぎ方は作ったアプリを有料化または広告を貼って広告収入を得るという方法になります。

例えば、アンドロイドの場合は、作ったアプリをGoogle Play Consoleというサービスを通してGoogle Palyストアに公開することがでいます。

公開したアプリの有料化や広告の設定は簡単にできます。

オンラインアシスタント

オンラインアシスタントとはオンラインで完結する業務を行う人になります。

業務内容としては、メールの管理やスケジュール調整といった単純作業からwebサイト制作といったスキルの必要なものまで多岐に渡ります。

オンラインアシスタントの大きな特徴としては、比較的長期契約の形態を取ることを想定している点です。

オンラインアシスタントの仕事は提供しているサービスとして有名なのが「フジ子さん」です。

本業をするほどではないものの、ある程度まとまった時間がある方にはマッチするかもしれません。

一方、色々な案件をやってみたいという方はクラウドワークスの方が短期の案件が多いため、クラウドワークスを利用しましょう。

翻訳

文章や歌詞などの翻訳の仕事の需要があるため、英語や中国語、韓国語など外国語のスキルが有る方は翻訳で稼ぐことができます。

案件はクラウドワークスなどにあります。

コンサル

コンサルは難しく考える必要は無く、自分の得意なことがあれば可能性があります。

例えば、恋愛経験豊富な人は恋愛相談に乗ってあげるというのもコンサルの1つです。

コンサルに関してはクラウドワークスなどで仕事を請けるというのではなく、自分でサービスを展開する必要があります。

オンライン講師のところでご紹介しましたが、ストリートアカデミーココナラに登録すると、費用を一切かけずにサービスを販売することができます。

例えば、恋愛相談を30分で千円などで価格設定をするという具合ですね。

恋愛経験が何人などの実績を書いて、値段を安く設定すれば需要がある可能性があります。

こういったサービスを利用する方は、プロに頼むと高いから安くサービスを受けたいということが想定されます。

うまくいくかはやってみないと分かりませんが、基本的には明確に勝てる戦略を持っていない方以外は難しいと思った方が良いでしょう。

デジタルマーケティング

デジタルマーケティングに関しては、初心者に最もおすすめの副業として紹介させていただきました。

デジタルマーケティングを本業でやっている方などは、既にやっている方も多いと思いますが、初心者の方よりもさらに高単価の案件を獲得できます。

案件はクラウドワークス等で獲得できます。

副業からのキャリアアップする方法

副業はキャリアップに活かすことができます。

下記に例をご紹介します。

  • 本業の関係のある仕事をやって、スキルを磨き、人脈も増やす
    スキルが身に付くことで仕事の幅が広がることはもちろんのこと、人脈は魅力的なプロジェクトに関わるチャンスも人がる。自分の興味のある仕事のできる転職につながることもある。
  • デジタルマーケティングのスキルを身に付けて、副業で実績を積み、転職につなげる
    デジタルマーケティングのスキルが身に付くと、副業の案件を獲得できるようになる。副業は収入だけでなく、転職活動を有利に進めるための実績としても利用できる。

社内では物足りず、色々な経験を積んでみたいという方は副業にチャレンジするのも良いでしょう。

副業をやる上での注意点

副業をやる上で念のため下記の3点は注意点は押さえておきます。

会社の規定の確認

副業に関しては会社の規定に記載してあるはずです。

なので副業をやる前に確認しておきましょう。

「どういう副業は禁止」など会社によって規定が異なる可能性があります。

確定申告が必要

副業をやる上で、確定申告は避けて通れません。

面倒と思うかもしれませんが、ググれば簡単にやり方が分かりますので、ご安心下さい。

確定申告は3月の中旬にやる必要があるということだけ覚えておいていただければ、副業を始めてから考えれば問題ないです。

ざっくり説明しますと、副業により収支が発生した場合、1月~12月の収支に応じて、確定申告しなければならない可能性があります。

当たり前ですが、収入と経費(支出)の収支がマイナスの場合は税金は取られません。

また、よくある勘違いですが、確定申告は年間収支が20万円未満であれば確かに不要ですが、住民税は金額に関係なく支払う必要があります。

具体的には年間20万円以上は国に税金を払う義務が発生する金額ですが、住民税に関しては収支が1円でもプラスがあれば住民税を支払う義務があります。

確定申告は不要であるものの、住民税を支払う手続きが必要ということです。

ただ、確定申告をやれば住民税の支払う手続き(金額計算)もやってくれますので、深く考えずに確定申告をやることをお勧めします。

例:副業収入20万円-副業に必要な経費10万円→プラス収支10万円→住民税=10万円×10%=1万円

詳細を確認したい場合は下記の記事などをご覧ください。

いずれにしても、副業を始めてから考えれば問題ないです。

結論

副業でスキルが無い方や初心者におすすめは下記の3つです。

  1. デジタルマーケティング
    • スキルは短期間で獲得でき、高単価の仕事を受けられる。さらに転職にも転用できる。
    • スキルを獲得できるスクールはワナビーアカデミーがオススメ。
  2. ライター
    • 簡単に始められ、少額だが着実に稼げることが魅力。
    • デジタルマーケティングのように大きくは稼げない。
  3. 投資
    • 簡単にに始められ、不労所得を得られる可能性があるのが魅力。
    • 着実に稼げるものではなく、資産が減るリスクもある。

迷ったらデジタルマーケティング!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次