自分の能力を発揮できない原因は職場環境?解決策と転職すべきかについても

自分の能力を出し切れない職場ってあるよね。

やりがいを感じられない毎日。

自分の潜在能力が活かせないと感じているあなたへ。

このままだと、本当の自分の価値を見失うかもしれません。

そこで、今回は自分の能力を発揮できない職場環境の原因と、転職を含めた解決策を紹介します!

この記事で分かること!
  • 自分の能力を発揮できない原因(職場環境を含め)と解決策
目次

自分の能力を発揮できない原因

自分の能力を発揮できない主な原因は下記です。

  • 目標設定が不明瞭
  • 職場環境

それぞれご説明します。

目標設定が不明瞭

目標が不明瞭だど、何を目指して頑張れば良い分からないという状態に陥ります。

そうすると仕事のモチベーションが上がらず、あなたの能力も発揮しづらくなります。

スキル不足

今の仕事に適性が無いわけではなく、単純にスキルが不足して、あなたの良さが発揮されないというパターンです。

職場環境

自分の能力が発揮できない原因は職場環境にあることが多いです。

職場環境は色々なパターンがありますので、次項でそれぞれご説明します。

自分の能力を発揮できない職場環境

自分の能力が発揮できない原因となる主な職場環境の事例をご紹介します。

組織文化のミスマッチ

自分の価値観に職場の組織文化が合わないというケースがあります。

例えば、あなたは裁量権を大きく与えてもらって色々とチャレンジしたいのに、職場は保守的で同じようなやり方しかさせてもらえないと、あなたの可能性を潰しているかもしれません。

コミュニケーション不足

仕事はチームプレーですので、コミュニケーションは重要です。

コミュニケーションが不足すると「雰囲気が悪くなる」「勘違いが起こりやすくなる」など組織のパフォーマンスが落ちます。

そうなると、結果としてあなたの能力も発揮しづらくなってしまいます。

職場のメンバーが噛み合っていないと感じる場合はコミュニケーション不足が原因かもしれません。

フィードバックの欠如

自分の仕事ぶりの評価やアドバイス、いわゆるフィードバックが少ないとモチベーションが上がらず、仕事の質を上げるための軌道修正ができません。

自分の仕事のやり方のアドバイスや評価の機会が少ない方は、あなたの能力を発揮しづらくする要因になっている可能性があります。

サポート体制の不備

サポート体制の不備とは、上記で説明したフィードバックの仕組み(上司との1 on 1ミーティングの機会等)や研修制度の不備になります。

フィードバックの仕組みが十分でないと、先ほど述べた通り「モチベーションの低下」や「仕事の質を上げるための軌道修正の機会を失う」可能性があります。

また、研修制度が整っていないと、自分の伸ばしたい能力を学ぶ機会が損なわれます。

これらが当てはまる方は自己成長を妨げ、能力を発揮しにくい職場環境になっている可能性が高いです。

スキルセット(保有スキル)と業務の不一致

自分の保有するスキルと業務内容が合っていないというパターンもあります。

例えば英語が得意で活かしたいのに、英語を使える仕事が極端に少ないというような話です。

よく似たケースとして、自分にはやりたい仕事があるのに、そういった仕事を中々させてもらえないというのもあります。

これらもあなたの能力を発揮しづらくしている要因と言えます。

自分の能力を発揮する方法

自分の能力が発揮できない原因が分かったところで、次はその解決策となる、自分の能力を発揮する方法をご紹介します

目標を明確に設定する

目標設定が不明瞭な場合は目標を明確化しましょう。

目標が明確になれば、やるべきことが見えてくるため、仕事のモチベーションにつながります。

例えば、出世することを目標に定めたとすると、会社の評価を上げる必要があります。

その場合、
「評価されやすいアウトプットとはどんなものなのか?」
「そのアウトプットを出すにはどのようなスキルが必要なのか?」
「そのスキルはどのようにすれば身に付くのか?」
といった具合に、目標を果たすために何をやるべきか、具体的に考えることができ、やるべきことが見えてきます。

やるべきことが見えてくるとモチベーションは上がり、自分の能力を発揮しやすくなります。

また、目標設定をすることで、今の職場で目標が実現できるかどうかも見えてきます。

そして、今の職場では実現できないのであれば、部署異動や転職といった選択肢も見えてくるのです。

コミュニケーションを積極的に取る

コミュニケーション不足を感じている方は是非コミュニケーションを積極的に取ることを心がけましょう。

コミュニケーションが苦手という方もいらっしゃるかもしれませんが、コミュニケーションはどのような仕事でも必須のスキルのため、避けて通ろうと思わない方が良いです。(別に上手である必要はないです。)

具体策としては「自分の悩んでいることを明確化してすり合わせの場を設定する」というのもありますし、進捗ミーティングなどの「定期的なミーティングを設定する」というのも有効です。

コミュニケーションを増やすことで、自分では気づかないような意見をもらうことができるため、自己成長にもつながりやすく、結果的に自分の能力を発揮しやすくなります。

フィードバックを積極的に求める

あまり上司からフィードバックを受けていないという方は、積極的にフィードバックを求めると良いでしょう。

経験豊富な上司からのフィードバックは自分のモチベーションアップにもつながりますし、仕事の軌道修正や自己成長に大いに役立ちます。

そうすることで、あなたの能力も発揮されやすくなります。

具体案としては、上司に定期的なミーティングを提案すると良いでしょう。

スキルアップ

単純にスキルが不足しているという場合は必要なスキルを磨くことであなたの本来の能力を発揮できるようになります。

そのためには、まずは業務をする上であなたに不足しているスキルを明確にすることが重要です。

自分では中々気付くのは難しいので、上司や尊敬できるベテラン社員の方に聞いてみるのが一番です。

日々の業務をこなすことで忙しいかもしれませんが、目先の仕事よりも重要な話ですので、是非とも時間を確保して確認しましょう。

スキルを学ぶ方法は例えば下記です。

  • 通信教育
  • 書籍
  • 実践を通じた経験

通信教育や書籍は気軽に学べる方法です。

実践を通じた経験に関しても、積極的に上司にアピールしていれば、チャンスを与えてくれる可能性が高まります。

受け身にならず、自分に不足しているスキルを見つけて改善しましょう。

転職

色々と解決策を提案させていただきましたが、自分の能力が発揮できない原因が職場環境にある場合、それを改善するのは困難なパターンが多いです。

その場合は部署異動や転職が有効になります。

部署異動や転職するにしても、事前準備として、自分の目標を明確化することです。

部署異動や転職はあくまでも目標を達成するための手段です。

また、転職活動については、転職が少しでも視野に入っているのであれば、転職する・しないに関わらず必ずやっておくべきです。

理由としては、目標達成のための視野と選択肢を格段に広がるためです。

一歩引いて、今の職場だけに固執せずに幅広で検討いただければと思います。

転職の事前準備を含めた転職の進め方については下記の記事で分かりやすくまとめておりますので、転職が少しでも視野に入っている方は是非ご覧ください。

あわせて読みたい
転職の進め方は?やるべきこと(やることリスト)を分かりやすくご説明 転職を考えているけど「何から始めていいのか分からない」という方も多いのではないでしょうか? 転職活動はいきなり転職サービスに登録してスタートすると迷走する可能...

まとめ

以下まとめです!

  • 自分の能力を発揮できない原因:「目標設定が不明瞭」「スキル不足」「職場環境」
  • 自分の能力が発揮できない職場環境:「組織文化のミスマッチ」「コミュニケーション不足」「フィードバックの欠如」「サポート体制の不備」「スキル(保有スキル)と業務の不一致」
  • 自分の能力を発揮する方法:「目標を明確に設定する」「コミュニケーションを積極的に取る」「フィードバックを積極的に求める」
  • 職場環境の改善は現実的ではないことが多いため、その場合は「部署異動」「転職」が有効
  • 転職活動は目標を達成するための選択肢を広げるために転職する・しないに関わらず始めるべき

これで迷いが無くなったね!

自分の将来のために、その一歩を踏み出しましょう。

あわせて読みたい
転職の進め方は?やるべきこと(やることリスト)を分かりやすくご説明 転職を考えているけど「何から始めていいのか分からない」という方も多いのではないでしょうか? 転職活動はいきなり転職サービスに登録してスタートすると迷走する可能...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次