年収を上げる方法は?給料(収入)を上げたい人必見!増やす人の特徴も

年収(給料・収入)を上げたいという方は多いのではないでしょうか?

年収を上げる方法は大きく分けて「転職しない場合」と「転職をする場合」に分かれ、それぞれで取るべきアプローチが異なります。

本記事では年収を上げる方法の全体像をご説明します。

また、その中で特におすすめの年収を上げる方法もご紹介します。

ご覧いただくことで、あなたは年収を上げるアプローチを取れるようになりますので是非ご覧ください。

※本ページはPR・広告の内容が含まれております。

目次

転職しない場合の年収を上げる方法

まずは転職しない場合の方法を見ていきましょう。

昇進・昇給をする

昇進・昇給するには会社(上司)の評価基準を理解した上で、高い評価を得る必要があります。

また、しっかり仕事をするだけでは伝えきらない可能性が高いので、定期的な評価や目標設定を通じて、自分のスキルや実績を上司や人事部にアピールすることが非常に重要です。

口頭で伝えられる情報には限界があるため、自身の実績はしっかりと分かりやすく書くようにしましょう。

定量的な(数値で示せる)実績があると評価されやすいため意識されると良いでしょう。

上司に評価されることで昇進や昇給のチャンスが増えます。

異動する

昇進・昇給は所属部門のライバルよりも高い評価を得ないといけません。

所属部門で頑張ってライバルに勝つという正攻法もありますが、厳しい場合は自分のスキルを活かせる別の部署やプロジェクトに異動することで、新たな経験やスキルを身につけることができます。

その結果、希少性の高い人材となり、会社に評価されやすくなれば、昇給や昇進の機会も増えます。

一方で、会社によっては事業部や部門によって給料形態が違うケースもあり、異動により給料が上がるケースもあります。

副業を始める

 本業とは別に、副業を始めることで、シンプルに追加収入を得ることができます。

副業にも色々ありますが、一般的なのがクラウドワークスやランサーズというクラウドワークサービスに登録して案件をこなすことで収入を得るという方法です。

具体的な案件の例を挙げると、分かりやすいのが「データ入力(pdfの情報をエクセルに入力するなど)」や「記事作成(ネットで情報を集めて文章を作る。ライティングとも言われる。)」といった単純な作業です。

ただ。こういったスキルが不要な単純作業は案件は獲得しやすいですが、単価が安く、大きく稼げません。

なので、大きく稼ぐのであれば単価の高い案件を獲得する必要があります。

ただし、単価の高い案件を獲得するには相応のスキルが必要で、スキルの獲得には現実的にはスクール(オンライン)に通う必要があります。

おすすめの単価の高い案件はデジタルマーケターの仕事です。

理由は単価が高い(初心者でも1件で約数万円。まじめにやれば月に数万円~十数万円くらいは稼げる人が多いです。もちろん経験を積めばもっと上に行けます。)のはもちろんですが、需要の高まりから案件の数も多いためです。

当然、デジタルマーケターのスキルを身に付ける必要があるわけですが、専門のスクールがありますので、そこに通ってまじめに取り組めば、誰でも高単価の案件をこなせるようになります。

デジタルマーケターのスクールは色々ありますが、ワナビーアカデミーが副業のサポートが手厚いので圧倒的におすすめです。

「デジタルマーケターの仕事のイメージがわかない」「副業でどれくらい稼げるか知りたい」「スクールの料金はどれくらいかかるのか」等々、色々と聞きたいことがあると思いますが、無料の説明会(個別相談)で何でも答えてくれますので、是非聞いてみていただければと思います。

無料オンライン説明の申し込みは下記からできます。

ワナビーアカデミーの公式サイト

スキルを磨く

自己啓発本や通信教育、スクールなどを活用して、本業や副業に関連するスキルや知識を得ることで収入アップにつなげることができます。スクールは料金はかかりますが、実践経験を積めるため、身に付きやすく、評価につながりやすいのでおすすめです。

ポイントとしては、本業の収入を上げるには上司(会社)の評価を上げる必要があるため、評価を上げるのに必要なスキルが何かを見極めることです。

さらに職場や会社の中で持っている人が少ない、希少性の高いスキルであれば、なおのこと評価はされやすいです。

一例を挙げると、エクセルで手作業で処理している日常の単純作業を誰も効率化しない中、あなたがマクロを組んで効率化すれば評価は爆上がりでしょう。

こういった細かくて分かりやすいところもおすすめですが、大きいところで言うと、会社や職場の目標の達成に貢献できるようなスキルもオススメです。

例えば、職場がAIの導入を積極的に導入する中、もし誰もAIのスキルを持っていないのであれば、あなたがそのスキルを獲得すれば高い評価を得ることができるでしょう。

一方、副業の場合は、単価の高い案件をこなすためのスキルを身に付けるというアプローチになります。

おすすめのスキルは先ほどご説明した通り、スクールで獲得できるデジタルマーケティングのスキルです。

スクールに通ってデジタルマーケティングのスキルを獲得できれば、高単価の副業案件を獲得してこなせるようになります。

スクールは先ほどもご紹介したワナビーアカデミーがおすすめです。

下記より無料オンライン説明の参加申し込みができます。

ワナビーアカデミーの公式サイト

資格を取得して資格手当を受ける

業務に関連する資格を取得することで、資格手当を受け取ることができる場合があります。

例えば、経理の資格やプロジェクトマネージャーの資格など、自分の職種や業務に関連した資格を取得することで、収入を増やすことができます。

やみくもに資格を獲得するのはおすすめできません。

資格により給料が上がるかどうかは会社によりますので、気になる方は人事規定の内容確認や給料の上がる資格は無いか上司や人事部門に相談してみましょう。

投資する

不労所得を得るために、株式や投資信託、不動産や暗号資産(仮想通貨)への投資を考えることも有効です。

ただし、投資にはリスクも伴うため、投資に関する知識や情報をしっかりと学んでから行うことが大切です。

一例として、私が稼いだおすすめの投資の方法を下記記事に紹介しておきますので、よろしければご覧ください。

NFTゲーム攻略

残業を増やして残業代で稼ぐ

皆さんご承知の方法ですが、念のため記載しておきます。

無理な残業は健康や生活に悪影響を及ぼす可能性があるため、バランスを考えながら行いましょう。

年収アップの交渉をする

自分の仕事の成果やスキルをアピールし、給与交渉を行うことで、給与を引き上げることができる可能性があります。

下記のステップで行うと良いでしょう。

  1. タイミングを見極める
    会社の業績や組織の状況、自身の成果(実績)評価時期など、給料交渉に適したタイミングを見極めます。
    基本的には自身の成果評価や昇進、大きな成果を上げた時などがタイミングとしては適しています。
    それほどセンシティブになる必要はありませんが、会社の予算編成や業務の繁忙期などは避けるなどの配慮もあると良いでしょう。
  2. 根拠と要望の準備をする
    給料交渉の前に交渉の根拠となる情報を準備しましょう。
    具体的にはまずは自分の成果やスキルの把握です。
    また、現状に甘んずることなく、今後どのように会社に貢献できるかを示せると良いでしょう。
    さらに、同業種の平均年収も根拠として使えますので調べておくとベターです。
    そして、給料の上げ幅などの要望はできるだけ具体的に決めておきましょう。
    これらを説明資料として準備しておくと、交渉の成功率は高まるでしょう。
  3. 交渉の相手を選ぶ
    給料交渉を行う相手は、基本的には最初は直属の上司がおすすめです。
    いきなり人事部門に相談すると、上司が「なんで相談してくれなかったんだろう」と良い気持ちはしないのは明白です。特別な事情がない限りは正規ルートの直属の上司に相談しましょう。
  4. 根拠と要望を明確に伝える
    給料交渉の際には、準備した根拠と要望をしっかりと伝えましょう。
  5. 相手の立場や意見に理解を示す
    給料交渉は双方向の対話です。相手の立場や意見にも理解を示し、会社の視点や制約も考慮に入れながら交渉を進めます。
  6. 妥協案を提案する
    給料交渉では、完全な要求を通すことは難しい場合もあります。そのため、妥協案や折衝案を柔軟に提案し、双方が納得できる解決策を探ります。
  7. 最終的な合意を確認する
    最終的な合意が得られた場合は、交渉内容を文書化し、双方が納得したことを確認します。条件や期限などについても明確にすることが重要です。
    反故にされることはないと思いますが、自己防衛のためしっかり証拠は取っておきましょう。

丁寧めに書きましたが、そもそも明らかに自分の仕事ぶりでは給料が安すぎると感じている人は、転職も視野に入っているのであれば、転職活動を始めるのが良いと思います。

転職活動をすることによって自分の市場価値を測ることができますし、自分のスキルを活かせて待遇の良い会社が見つかる可能性もあります。

転職をする場合の年収を上げる方法

前提として、ご存知ない方もいらっしゃるかもしれませんが、転職サービスに登録して、転職活動をしたら必ず転職しなければならないということはありません。

またサービスの利用は無料です。(極々一部有料のものがありますが、特別な事情がない限り不要で、使っている人はほとんどいません。有料のものは分かりやすく有料登録画面が出てきます。)

転職活動は自分の市場価値を測ることができますし、今よりも条件の良い会社に出会える可能性もあります。

逆にやらないと、世の中が分からないまま、一生自分の会社で過ごすことになりかねません。

なので、少しもでも転職のモチベーションがある方や自分の市場価値を確かめたいという方は、気負いをせずに転職活動は始めてみましょう。

転職の進め方は下記の記事で分かりやすく説明しております。

あわせて読みたい
転職の進め方は?やるべきこと(やることリスト)を分かりやすくご説明 転職を考えているけど「何から始めていいのか分からない」という方も多いのではないでしょうか? 転職活動はいきなり転職サービスに登録してスタートすると迷走する可能...

それでは、転職をする場合に具体的な年収を上げる方法を見ていきましょう。

年収診断ツールを利用して自分の市場価値と現年収の差を把握

自分の市場価値を把握することで、適切な年収を目指すことができます。

年収診断ツールを使うと自分のスキルや経験、市場の需要などを考慮して、年収を算出してくれます。

年収診断ツールはビズリーチの転職サービスに登録すると無料ですぐに使用できますのでやってみましょう。

診断結果で年収が上がりそうな方は見込みが大きい方なので、転職も視野に入っている方は転職活動を進めていくと良いでしょう。

また、診断結果がいまいちだった方もあきらめる必要は無く、転職エージェントが良い提案をしてくれる可能性も十分あります。

いずれにしても、転職を前向きに考えている方は、転職活動を始めていただければと思います。

転職活動の進め方は下記の記事で分かりやすく説明しております。

あわせて読みたい
転職の進め方は?やるべきこと(やることリスト)を分かりやすくご説明 転職を考えているけど「何から始めていいのか分からない」という方も多いのではないでしょうか? 転職活動はいきなり転職サービスに登録してスタートすると迷走する可能...

インセンティブのある企業へ転職する

インセンティブとは?

インセンティブ(Incentive)とは、行動を促す「刺激・動機・励み・誘因」を意味する言葉です。ビジネスシーンでは、社員を対象にした成果型の報奨金制度を示している場合が多く、「インセンティブ=報奨金」として扱っている企業も見られます。しかし、社員の行動変容を促す刺激は金銭以外にも存在します。例えば、表彰制度や報奨旅行、金券、株(ストックオプションなど)、研修などをインセンティブとして設けているケースがあります。

出典:https://www.nec-solutioninnovators.co.jp/sp/contents/column/20230106_incentive.html

成果に応じた報酬金等のインセンティブが支給される企業を選ぶと、年収を上げる幅が広がりますので、実力(成果)に見合った給料が欲しいという方はよくチェックしましょう。

インセンティブに関しては、求人票に書かれている場合もありますが、詳細はエージェントにも確認するようにしましょう。

経験を活かせる企業へ転職する

自分の経験やスキルを活かせる企業に転職することで、より高い年収を得られる可能性があります。

一番スムーズにいきやすいのが、自分の専門性を活かせる業界や職種への転職です。

いわゆる即戦力の採用ですね。

このパターンで年収を上げることができればあなたも企業もwin winになりやすいです。

逆に未経験の業界や職種への変更(いわゆるキャリアチェンジ)は育成を前提とした採用(ポテンシャル採用)となり、即戦力にはならないため、高収入はあまり望めないケースが多いです(ただし、現状の給与水準が著しく低い場合はポテンシャル採用でも大きく上がる可能性はあるので、いずれにしてもエージェントに聞くのが一番です。)。

基本的に自分の専門性を活かせるのは現職と同じ業界・職種の場合が多いですが、同じじゃなくても活かせるパターンがあります。

分かりやすいのが汎用性の高いマネジメントスキルです。

企業や部署によってはマネジメントスキルを持った人材が不足しているところもあり、その場合は業界問わずにマネジメントスキルを募集しているパターンがあります。

その求めている企業や部署が給与水準の高い業界であれば、業界未経験であっても年収を大きく上げられる可能性は十分あります。

また、他にはIT業界や製造業の技術者など、専門性の高い方はコンサル業界から需要があります。

理由としては、実務を知っていることにより、他社に差別化を図れるためです。

該当する方は視野に入れていただければと思います。

この辺りは転職のプロの転職エージェントがしっかり教えてくれるので聞いてみましょう。

規模が大きい会社へ転職する

これはご説明するまでもありませんね。

大手企業やグローバル企業など、規模が大きい会社では、給与水準が高いパターンが多いです。

また、福利厚生が充実している場合も多いです。

現実的に難しい方も多いかもしれませんが、企業の求めるスキルあなたのスキルがマッチする場合は可能性もありますので、ひとまずエージェントに相談してみましょう。

年収相場が高い業界へ転職する

IT業界やコンサル業界など、年収が高い業界に転職することで、年収を上げることができます。

実現できるかはあなたのスキル・経験がマッチする企業があるか次第ですでの、ひとまずエージェントに聞いてみると良いでしょう。

起業・独立して自分の力で稼ぐ

現実的に起業や独立はハードルが高いと思いますが、選択肢の1つとしてご紹介しておきます。

イメージしにくい方が多いと思いますので一例をご紹介すると、副業でご紹介したデジタルマーケティングのスキルを獲得すれば単価の高い案件を獲得できるようになり、その稼ぎが大きくなれば副業から本業へ移行し、独立してフリーランスになることも可能です。

実際そういう方も多いです。

独立すると年収が青天井になります。

独立したい人も、ひとまず副業から入って、独立を目指すというのが現実的なやり方になるでしょう。

転職により年収が上がりやすい(増えやすい)人の特徴

詳しいことは転職エージェントに確認してもらえればと思いますが、ここでは一般的に年収が上がりやすい人の特徴をご紹介します。

自己研鑽(けんさん)をしている

新しいスキルや知識を身に付けるために積極的に自己成長に努めている方は、転職先で評価されやすく、年収も上がりやすいです。

スキル・知識が評価されるのはもちろんですが、自己成長に努める姿勢も評価されます。

ただし、業務への関連性の薄い自己研鑽は「がむしゃらに努力しているだけ」と思われかねませんので、業務への関連性の高い自己研鑽をすることが重要です。

求人票に求められるスキルが記載されていることが多いので参考にしましょう。

コミュニケーション能力が高い

コミュニケーション能力が高い人は、転職先でのチームワークやプロジェクト活動での活躍が期待されるため、評価される可能性が高いです。

コミュニケーション能力の高さをアピールできるプロジェクト(プロジェクトリーダー経験など)の実績があれば評価されやすいです。

マネジメントスキルが高い

マネジメントスキルが高い人は、プロジェクトやチームをリードし、成果を出すことができるため、転職先での役職や給与が上がる可能性があります。

マネジメント経験のある人は有効活用できる可能性が大いにあるので、アピールすると良いでしょう。

企業が求める実務経験を積んでいる

企業は少ない情報からあなたが自社に貢献できるか判断する必要があります。

その判断材料の中でも、実務経験は重視されるポイントです。

短期間でも実務経験が有るのと無いのとでは雲泥の差ですので、行きたい企業が求める業務経験が無いのであれば、異動を活用してでも業務経験を積むのも有効な手段です。

より長期的な視点で考えると、最終的に高収入を得る職につくために、次の転職先は給料が少し下がってでも必要な実務経験を積めるところに転職し、その次の転職で本命の高収入の職につくという道もあります。

【結論】年収を上げるおすすめの方法は?

結論を言うと「転職」が最もおすすめです。

次点が「副業」となります。

転職がおすすめの理由は在職中の企業では満足のいく年収アップを望めないパターンが多く、転職が現実的な手段になるためです。

先ほども述べましたが、転職活動を始めるのはハードルが高く感じるかもしれませんが、そんなに構える必要はありません。

転職サービスに登録して転職活動を始めたとしても、必ず転職しなければならないということはないのです。

転職により今よりも年収が上がるだけでなく、仕事内容や待遇も良くなる可能性もあります。

それらを確認しないのは機会損失のため非常にもったいないと言えるでしょう。

なので転職が少しでも視野に入っているのであれば、是非転職活動は始めてみましょう。

転職の進め方は下記の記事に分かりやすくまとめております。

あわせて読みたい
転職の進め方は?やるべきこと(やることリスト)を分かりやすくご説明 転職を考えているけど「何から始めていいのか分からない」という方も多いのではないでしょうか? 転職活動はいきなり転職サービスに登録してスタートすると迷走する可能...

一方、副業に関しては、年収アップに有効な方法ではありますが、本業の方が働く時間が長く、収入のインパクトが大きいため、副業よりも本業の転職の方が優先度が高くなります。

なので、まずは転職活動から始めていただければと思います。

副業に関しては先ほども述べましたが、データ入力やライターの仕事ならクラウドワークスやランサーズで簡単に受けられますが、単価が安過ぎて割に合いません。

なので、大きく稼ぐにはデジタルマーケターのスクールでスキルを獲得して、単価の高い案件をこなすのが現実的です。

スクールに関しては副業のサポートが手厚いワナビーアカデミーが圧倒的におすすめです。

無料相談があり、知りたいことは何でも答えてくれますので、やるかやらないは別として話だけでも聞いてみると良いと思います。

下記から無料相談の申し込みができます(社会勉強だと思って話だけでも聞いてみると良いでしょう)。

ワナビーアカデミーの公式サイト

転職で年収を上げるなら「転職エージェント」がおすすめ

転職活動をする場合はご承知の通り、転職サービスに登録するのが一般的です。

転職サービスには大きく「エージェントタイプ(転職エージェント)」「サイトタイプ」「スカウトタイプ」がありますが、転職エージェントが最もおすすめです。

転職サービスのタイプ
  • サイトタイプ
    自分で検索
  • スカウトタイプ
    経歴を登録してオファーを待つ
  • エージェントタイプ
    エージェントが求職者にマッチした求人を紹介。その他、キャリアプランや応募書類の作成、面接対策のサポート等、内定獲得まで徹底的にサポート。
    手厚いサポートを求める場合はエージェントタイプがオススメです

理由は下記の通りです。

年収の上がりそうな求人を紹介してくれる

転職エージェントはあなたに丁寧にヒアリングをして、数ある求人の中からあなたのスキル・経験や希望を考慮した上で、最適な求人を紹介してくれます。

そのため、年収アップの希望を出せば、それを実現できる求人を紹介してくれます。

あなたの強みを発掘し市場価値を高めてくれる

転職エージェントはあなたのスキルや経験を分析することで市場価値として評価される強みを発掘してくれます。

さらに、その強みができるだけ活きるように応募書類や面接対策に織り込んでくれます。

つまり、あなたの市場価値を最大限に高めてくれる言えます。

年収交渉をしてくれる

転職エージェントは、年収交渉のアドバイスはもちろんですが、代行で年収交渉をしてくれます。

シビアな話のため、個人での交渉は中々難しいという方も多いと思いますので、これは心強いですね。

おわりに

以上です!

年収を上げる方法を網羅的にご紹介させていただきましたが、先ほど述べた通り、まずは転職をするしないは別として、転職活動から始められるのが良いと思います。

転職活動は下記の進め方の通りにやっていただければスムーズに進められますので、是非ご覧ください。

あわせて読みたい
転職の進め方は?やるべきこと(やることリスト)を分かりやすくご説明 転職を考えているけど「何から始めていいのか分からない」という方も多いのではないでしょうか? 転職活動はいきなり転職サービスに登録してスタートすると迷走する可能...

あなたの成功を願っております!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次