リクナビネクスト(NEXT)の特徴と魅力を紹介|無料のグッドポイント診断をやってみよう!

転職サービスの中でリクルートエージェントを検討されている方のために、リクナビNEXTの特徴と魅力ご紹介します。

※本ページはPR・広告の内容が含まれております。

目次

求人数が多い

求人数が多いため、地域・職種問わずあらゆる転職者にマッチする求人を探すことができます。

以下に代表的な転職サービスの求人数の比較を示します。

スクロールできます
サービス名公開求人数非公開求人数更新日備考
リクナビNEXT102457件不明2024/1/19求人の出典
リクルートエージェント364,351件227,526件2024/1/23求人の出典
doda235,052件不明2024/1/22求人の出典
エン転職100,667件不明2024/1/22求人の出典
マイナビ転職23,311件不明2024/1/23求人の出典

また、転職した人の約8割が利用するなど、多くのユーザーに愛用されているサービスです。

さらにリクナビNEXTにしかない限定求人も多くあるため、他のサービスとの併用も含めてお勧めできます。

スカウト登録すると企業や転職エージェントからオファーが届く

職務経歴や希望状況を登録しておくと、その情報を見て、あなたを求める企業や転職エージェントからアプローチを受けることができます。

自分で求人を探すのとは別の切り口の方法で自分を評価する企業はどういったところなのかを知ることができるため、転職活動の幅を広げることができます。

強み分析ツールがある(グッドポイント診断)

リクナビNEXTに登録するとグッドポイント診断というあなたの強みを診断するツールを使用できるようになります。

グッドポイント診断に関しては、詳細はリクナビNEXTの公式ホームページの「グッドポイント診断」をご覧いただくとして、ここでは簡単に概要をご説明します。

グッドポイント診断では下記の18種類の特性の中から、あなたの強みを5つ診断します。

  1. 親密性:じっくりつきあう
  2. 冷静沈着:いつもクール
  3. 受容力:広く受け入れる
  4. 決断力:迷わず決める
  5. 悠然:ゆったり構える
  6. 柔軟性:あれこれトライ
  7. 現実志向:実現可能性にこだわる
  8. 自己信頼:信じた道を突き進む
  9. バランス:全体を考える
  10. 社交性:360°オープン
  11. 高揚性:ノリがよい
  12. 自立:常に主体的
  13. 伸張性:掘り下げて考える
  14. 俊敏性:スピード第一
  15. 継続力:決めたらとことん
  16. 挑戦心:高い目標もクリア
  17. 感受性:場の雰囲気を感じ取る
  18. 独創性:オリジナリティあふれる

グッドポイント診断は転職支援のスペシャリストのリクナビNEXTが作っただけのことはあり、診断結果は転職活動を進める上で非常に役に立ちます。

グッドポイント診断は自己分析の効率化はもちろんですが、ツールによる客観的な分析のため、自分の視点だけでは見落とすような強みが見つかる可能性もあり、分析の精度アップの意味でも有用なツールと言えます。

自分の強みの理解は企業にアピールする上で最重要事項の1つで、応募書類の作成や面接時の自己PR等に必須の項目なので、その分析に有用なツールを無料で使えるようになるのは大きいですね。

また、グッドポイント診断の結果はそのまま企業に渡すことも想定されているため、応募時に添付することで、効率的かつ分かりやすく志望企業にあなたの強みを伝えるという使い方もできます。

自己分析をしっかりやってみたいという方はリクナビNEXTに登録してやってみましょう。

転職成功ノウハウが充実

転職活動おいては、

  • 転職の準備(自己分析・スケジュール検討等)
  • 職務経歴書・履歴書の用意
  • 求人を探して応募
  • 面接対策

など、各フェーズで様々なやるべきこと、悩むことが出てきますが、リクナビNEXTの公式ホームページにある「転職成功ノウハウ」では、これらに関して詳しい情報が記載されております。

お気に入りに登録いただき、転職活動中に悩んだ時は是非活用しましょう。

おわりに

リクナビNEXTは転職した人の8割が使用したという驚異的な実績を誇る人気のサービスです。

非公開求人も多く、さらにグッドポイント診断という有用なツールも使用できるようになるため、気になる方は是非登録しましょう。

下記のリクナビNEXTの公式ホームページから登録できます。

リクナビネクスト

まずは登録して、グッドポイント診断をやってみてはいかがでしょうか?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次