仕事に行きたくない・やる気が出ない時の対処法は?結論はスキル・キャリアップ

仕事は人生の大部分は占めると言っても過言ではありません。

その仕事が毎日「行きたくない」「やる気が出ない」「楽しくない」というのはあまりにももったいないと思いませんか?

どうせやるなら楽しく仕事をやりたいですよね。

その唯一の対処法はスキル・キャリアップです。

今回はスキル・キャリアップの方法をご紹介します。

※本ページはPR・広告の内容が含まれております。

目次

仕事が楽しくない理由はやらされ仕事だから

仕事が楽しくない理由は色々あると思いますが、根本の原因は「お金を稼ぐ手段が今やっている仕事しかないという状況」だからです。

要するに選択肢が無いという状況です。

そういう状況の人は仕事をやらされていると感じます。

やらされ仕事は楽しくないですよね。

実はこのやらされ仕事であることこそが仕事が楽しくない一番の理由なのです。

「楽しくない」と思いつつも、何も手を打たずに目の前の仕事をしているだけでは、何の解決にもなりません。

休日にいくらリフレッシュしても、やらされ仕事からは抜け出せないので、根本的な解決にはなりません。

仕事を楽しくする方法はスキル・キャリアアップ

ではどうやればやらされ仕事がら抜け出し、仕事が楽しくなるか。

その唯一の方法は自分の会社だけでなく、他社(社会)に通用するスキルを身に付けることです。

それをスキル・キャリアップと言います。

スキル・キャリアアップを考える上で最初にやるべきことは下記の2つです。

  1. 自分のできることの整理(can)
  2. なりたい自分(目標)の設定(will)

それぞれのやり方をご説明します。

まず1.自分のできることの整理は、自分がこれまで「何をやって」「何ができるようになったのか」を書き出すという作業になります。

体裁にこだわる必要は全くありません。

できるだけいっぱい書きましょう。

書き出すポイントしては「いつ」「どういう状況で」「どういった課題があって」「どのように対応したか」「結果はどうで」「どういったスキルを得たか」を書くと良いでしょう。

スクロールできます
いつ部署状況・背景課題対応結果得たスキル
2014年6月~12月設計設計経験が浅い中、エンジンの排気管の振動問題の対応を任された。振動問題の対応経験が少なく、十分なスキルが無かったため、一から調べるか有識者に聞く必要があった。相談はあまりせずに、自分の知っている一般的な振動解析手法である固有値解析を実施、解析結果を基に改善案を作成した。しかしながら振動は収まらず、有識者の助言をもらいなが対応した。自力だけでは改善できなかったが、有識者の力を借りることで改善できた。下記の学びを得た。
・自分の分からない領域は早めに有識者の見解を得た方が手戻りが少ない。
・固有値解析は簡易的に実施できる便利な手法だが、複雑な振動形態ではうまく行かないケースがあることを理解。詳細の解析をすることがベターだが、難しい場合は一案で解決できると思わず、スケジュールに余裕を持ち、可能な限りバックアップ案を準備すべき。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
例)自分ので きることの整理

自分にスキルなんか無いと悲観せずに、とにかく書き出していきましょう。

続いて2.なりたい自分(目標)の設定です。

正直に書いていただければと思いますが、「お金持ちになりたい」といった漠然としてものではなく、「どういった業界で」「どういう仕事をしたいか」など、具体的に決めた方が良いです。

また、この目標は自分のスキル・キャリアアップの方向性の目印となる、言わば羅針盤(らしんばん)となりますので、じっくりと考えて決めましょう。

この作業を終えると、自分のできること(can)と目標(will)とのギャップが見えてきます。

そして、このギャップを埋めることこそが、やらされ仕事から抜け出し仕事を楽しくする唯一の方法です。

ギャップが見えたら、次はギャップを埋めるために必要なスキルを獲得するための計画を立てます。

ギャップを埋めるにはどういったスキルが必要かじっくり考えてみましょう。

「予備知識がないため細かく書けない」という方もいると思いますが、自分で想像して書くということが非常に重要です。

「どれくらいの年齢で」「どういったスキルを身に付け」「いつ頃目標に辿り着くのか」を想像して書いてみましょう。

ポイントとしては獲得すべきスキルが「今の職場で獲得できるか」「違う部署に行く必要があるか」「はたまた、転職しないと獲得できないか」という視点で考えると良いでしょう。

部署移動だけで完結する人もいれば、複数の会社に転職する必要がある人もいると思います。

プランができたら、あとは行動あるのみと言いたいところですが、自分のプランの精度に自信が無いという方がほとんどでしょう。

なので、キャリアプランのプロに相談しましょう。

そのプロで、一番分かりやすいのが転職エージェントになります。(多くの転職エージェントは成功報酬を企業から受け取っているため、サービス利用者は無料です。)

ここで転職エージェントに相談したら必ず転職しないといけないということはありません。

転職はあくまでも手段で、自分のプランに必要であれば転職するという判断になります。(転職が目的にならないように注意です。)

キャリアを考えるプロである転職エージェントに相談することで、あなたのキャリプランの精度は飛躍的に向上します。

そこまでいけば、あとは行動あるのみです。

まとめ

まとめますと、仕事に行きたくない・やめたい人は早速下記をやりましょう。

  1. できることの整理(can)
    「いつ」「どういう状況で」「どういった課題があって」「どのように対応したか」「結果はどうで」「どういったスキルを得たか」を書き出す。
  2. 目標の設定(will)
    どの業界でどんな仕事をしたいかという視点で考える。
  3. 目標とできることのギャップを埋めるためのキャリアプラン(案)を立てる
    「どういったスキルが必要か」「いつ・どこで獲得するか」「今の職場で獲得できるか」「部署異動・転職が必要か」という視点で考える。
  4. キャリアのプロ(転職エージェント)に相談してキャリアプランを完成させる
    転職が目的ではなく、キャリアプランを完成させるのが目的。

以上です。

キャリアプランを作ったあなたは、今ままでやらされていたという仕事に意味が見出されることでしょう。

また、長期的に見て、今の仕事をずっと続けるべきではない場合は、それに気付くことができ、部署移動や転職など的確な手を打つことができるでしょう。

下記の記事でおすすめの転職エージェントを紹介しておりますので、自分なりにキャリアプランの案ができましたら、是非相談してみて下さい。

あわせて読みたい
転職サービス(エージェント・サイト・スカウト)の選び方は?おすすめもご紹介! 転職を進める上で転職サービス(エージェント・サイト・スカウト)を活用するのが一般的ですが、転職サービスの選び方が分からないという方も多いのではないでしょうか?...
あわせて読みたい
転職で20代・未経験・スキル無し・実績がない人におすすめのサービス(エージェント・サイト・スカウト)は? 大手総合型の転職サービスを利用したけど「希望に合う求人を紹介してもらえなかった」「選考通過が厳しい」という方もいらっしゃるのではないでしょうか? もしあなたが...

やらされ仕事が抜け出しましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次